Archive for the ‘レビュー’ Category

【レポート】南房総さざなみ映画祭で「黒い靴」が上映されました

Posted 16 11月 2015 — by 管理者
Category お知らせ, レビュー

P_20151114_170244

先日11/14・11/15に、千葉県南房総市 富山公民館で開催された

「南房総さざなみ映画祭」にて、石川貴文監督、3SION製作の

短編映画「黒い靴」が上映されました。

 

物語の冒頭から突拍子もないビジュアルでご登場される淺野さん。

その後しばらく「自由なノリで息子に喝を入れるお父さん」な役を

演じられ、「その微妙にシュールな雰囲気」に目が離せませんが、

最後にはステキなタップダンスをご披露されておりました。

またご覧になれる機会があれば、是非皆さんにも見ていただきたい

作品です。

P_20151114_170128

【レビュー】殺し屋マリア

Posted 25 5月 2014 — by 管理者
Category レビュー

■2014.05.02リリース 74分 → 【詳細】
■監督:奥渉
■脚本:高橋祐太
■出演:大槻ひびき、朝霧涼、稲盛誠、稲葉凌一、ホリケン。、淺野潤一郎 ほか
■浅野氏役どころ:裏社会の男 鬼頭邦雄

タイトルのとおり、ふだんは修道女やってるマリアちゃんが殺し屋な作品です。

マリアちゃん、交際相手のハヤトさんとデートでイタリアンな店にいきます。
vlcsnap-2014-05-25-07h39m09s132
ステキ!ナポリタンを塊で豪快にいただく裏社会の男が先客でいるお店だよ!

デートの先でも殺しのミッションが入るマリアちゃん。
殺されるなんて微塵たりともわかっていない、タバコくわえて食後の余裕をかますヤクザさん☆
vlcsnap-2014-05-25-07h42m34s25

殺しの標的を確認!
vlcsnap-2014-05-25-07h42m49s212

段取り良くスキをつくるハナシの展開。
「便所行ってくるわ」と席を立つ裏社会の男。
ケチャップついてるかも知れないし、口のまわりをさりげなく指でぬぐいながらの移動です。
vlcsnap-2014-05-25-07h45m14s73

裏社会の男だから電話でも怒鳴るよ。
便所でやってるし、一応周囲の客には配慮しているね。中堅以上な地位かも知れないね。
vlcsnap-2014-05-25-07h45m51s12

用を足す前にサングラスを丁寧に外すんだ。
どんな設定なんだろう?わりと健康に気を遣うほうなのかな。
vlcsnap-2014-05-25-07h47m25s155

用を足している時の無防備さを狙っての犯行だね。
どこで脱いだかわからないけど、マリアちゃん、ストッキングで首を絞めるよ。
vlcsnap-2014-05-25-07h48m33s73

絞められたまま後ろの個室へ引きずり込まれるんだ。
マリアちゃんすごい力だね。
vlcsnap-2014-05-25-07h48m51s16
でっかい口あけて悶えるヤクザさん・・・

息の根が絶えるまで絞め続けられるヤクザさん。
コワい顔のヤクザさん、苦悶の表情。
なんか歌舞伎の顔っぽい。
vlcsnap-2014-05-25-07h49m13s226

殺されてぐったりした裏社会の男。
目は開いたままだよ。
vlcsnap-2014-05-25-07h49m33s164

以上、淺野氏as裏社会の男登場シーンでした。

「いつもの」裏社会の男&怒鳴りシーン有の役柄で、「尼寺」に続きあっさりと殺される役でしたが、このたびの作品では、殺されるまでの短い時間の中でも「裏社会の男の役どころ」がきっちりと描かれていたように思えました。

しかし・・・
上から二枚目の写真では食後にタバコすってる設定なのに、なぜか皿の上のナポリタンが山盛りなんだ。
最初の写真で塊のまんま豪快に食べられた筈なのにね。
これ、気づいちゃっても黙っていようね☆

それと・・・
vlcsnap-2014-05-25-07h52m51s101
マリアちゃんが次なるターゲットがいる会社に就職して、そこの職場のホワイトボードの右上に

「石川入院←ふざけるな」って(゚∀゚)!

・・・プロデューサーさんなのに色々といじられてしまう石川二郎氏・・・。

ほか、アウトサイドの息のかかった作品でのエキストラ出演率が高い島崎さん、イタリアンレストランのウエイターにも、上記会社の社員にもなっており、本作品でもマルチプレイヤーっぷりを発揮されておりました。

Vシネマの制作って短い期間でやらなきゃならないので準備等いろいろ大変かとは思いますが、その分「突っ込みどころ」や「小ネタ」が図らずも入ってしまうところに、見る者はいちいち喜んでいたりします。

ということで、次から次と新しい作品が出てくることを期待しますし、その中でも淺野氏ご出演作があるととっても嬉しいなぁと思う次第です。

【まだまだレンタル中】ですので是非どうぞ!

【レビュー】尼寺

Posted 09 3月 2014 — by 管理者
Category レビュー

お待たせしました!
昨年6月に撮影された「尼寺」が今年1月にDVDリリースされました。
東京電撃映画祭の記念すべき第一回でも上映されましたよ。

こちらが東京電撃映画祭の予告編で使われたものです。
動画で淺野氏を見られますよ。

さて、今回もまた淺野氏メロメロなレビューを。
vlcsnap-2014-03-09-18h07m08s29
尼寺
監督: 友松直之
販売元: 株式会社オールイン エンタテインメント
DVD発売日: 2014/01/03
時間: 75 分

淺野氏の役は「女衒・留五郎」
それも顔こわい。超こわい。
何かコメントするよりも、劇中の表情でまるわかりですが。

vlcsnap-2014-03-09-18h07m31s8
売られる姉妹に逃げられ、山中を追いかけているところです。
草履拾います。
別にそういうフェチではないようです。
あくまで捜査材料として、引き続き逃げた姉妹を追いかけます。
怖い顔をここでもキープ。

vlcsnap-2014-03-09-18h08m39s154
ほーい、おねえさんつかまえた。

vlcsnap-2014-03-09-18h08m57s86
いもうと、おねえさん救うために駆け寄ってきます。
女衒の腕噛みます。
噛み付くってのは、幼い女のケンカではメジャーな技だよね。
一応痛そうではあるけど「めんどくせぇなぁこのアマ」みたいな感じであしらおうとします。
女衒の威厳は保っておかないとね。

vlcsnap-2014-03-09-18h10m41s126
ここで、淺野氏の視線の先に現れたのは尼僧。
売られる娘達の駆け込み寺として知られている寺の、優しき尼僧。
尼僧の「金はやるから姉妹を解放しなさい」的な提案に拍子抜けしつつも、悪いハナシではないなと調子に乗っちゃう女衒。しかし眉毛はコワい角度をキープ。

vlcsnap-2014-03-09-18h11m01s53
軽やかなステップでホイホイついていく女衒。
ラクして金が入るならそれにこしたことないですからね。いつの世でも。

vlcsnap-2014-03-09-18h12m26s137
女衒、商談中。
手間賃と娘の売値を同額にする旨提案。まぁふっかけてますわな。
しかし、尼僧あっさり承諾。女衒、調子に乗る。

vlcsnap-2014-03-09-18h14m06s101
金の小判を噛んでますよ。
金メダルもらったオリンピック選手なんですかね。
金メダルといえばあの作品なんですが...というとハナシがそれてしまうのですが。
そんなこんなで、ますます調子に乗ります。

vlcsnap-2014-03-09-18h14m51s63
「女衒、満面の不敵な笑み」
後ろにすり寄る屈強の寺男に気づかずですよ。
寺男、このあと鍬を振り上げて、次の瞬間に...

というところで、本編での淺野氏ご出演シーンはおわりです。

ご出演シーンを通じて終始コワい表情と勢い、女衒の下衆な生き様を崩さずに演技されてたところが印象的でした。
「小判を噛むのは間を持たせてたのもある」とご本人が仰ってましたが、かえってそのシーンがただコワいだけの女衒ではなく、なんとも現金な、うまいハナシにはホイホイ乗る調子の良い女衒を短い時間の中でも表現できていて良かったのではないかと思います。

そして、DVDにはメイキング映像があるよ!!
vlcsnap-2014-03-09-18h16m23s204
キタ!!この顔ですよ☆そして血糊!!
何かの警告ポスターにどうでしょう\(^o^)/

そして、監督おなじみの「友松節」、この作品でも全開です。
「やらせそうでやらせない女の罪」について綿々と、作中で説いてます。

尼僧に若林美保さん、売られる姉妹に緒川凛さん、あんさん。
ステキ&かわいらしい女性陣がしっとりと見せる濡れ場は、きっと殿方大喜びでしょう。
悪そうな庄屋に金子弘幸さん、寺男に福天さん、寺に出入りする村の実力者に森羅万象さん。
それぞれが個性的で、またすんごい桃色シーンをリードします。
特に万象さんの「濡れた二本指を何気なく脚で拭うシーン」は、東京電撃映画祭の会場で大ウケでした。

そして物語後半で出てくる岡っ引き、稲葉凌一氏も作品中でがっつりと印象にのこる演技しています。
友松監督が「稲葉君は芝居がくどい」とコメントしておりましたが、本人も「顔と芝居が濃い」ことを語ってましたので、それはそれでいいのだと思います。

まだまだレンタル中ですので、みなさんも是非ご覧ください。

【レビュー】雀魂

Posted 15 10月 2013 — by 管理者
Category レビュー

 

マスター、優しいんだよね。

■タイトル「雀魂」

■2013年 オリジナルビデオ

■奥渉監督

■74分

今年6月に撮影された「麻雀モノ」が10/2にリリースされております。

今回のタイトルは「雀魂」。

オリジナルビデオで淺野氏がご出演されている「麻雀モノ」は最近のもので、本作品が3つ目となります。

「雀妃」「雀闘」→「雀魂」です。

だいたい雀荘のマスターやってますが、今回も雀荘のマスターです。

これで「オリジナルビデオにおける麻雀モノのマスター」は淺野氏が不動の地位を獲得したと言っても過言ではないでしょう!以前にも増して「麻雀好きなお客様を暖かく見守るマスター」っぷりが遺憾なく発揮されておりました。

雀荘にバイトに来てるヒロインの女子大生・葵ちゃん(二宮ナナさん)の相談にも優しくビシっとのります。

え?この人差し指の立て方はもしかして…

 

はい、そのとおりです。常連客「神野」さんが時々神之真券で「信念」やるときのポーズ…あ、ハナシが逸れました。

 

稲葉凌一氏演じる「神野」さん、毎度呑んだくれては店で寝てます。そんな彼に「ったくしょうがないなぁ」と言い乍らも優しくタオルケットをかけてあげるマスター。包み込むような優しさです。神野氏&マスターだけ切り抜いてBL二次創作ができちゃうかも知れないくらい、神野さんもマスターに悪態つきながら甘えてます。

あまりひどいときはビシッと叱ります。そろそろ堪忍袋の緒が切れそうな感じ。でもあくまでもお客様ですから、嗜めるように叱ります。長年の客商売をしている方にとっては当然の対応ですが、そんなふうにナチュラルな感じで叱ります。

 

しかし神野さん、実はとても凄い雀士なことが明かされます。

 

で、葵ちゃんは「父親に麻雀で勝つか、対戦相手に麻雀で勝つかしないと、好きな人と結婚出来ない」という厳しい境遇にいます。かわいそうですね。よって、彼氏と結婚できるようにと神野氏を師匠に、麻雀特訓をします。四人でやるから、もちろんマスターも打ちますよ。そこそこ上手い感があります。

 

ということで麻雀対決です。

左手背後には葵ちゃんご両親(森羅万象氏&宮本眞弓さん)、そして右手には神野さん&マスター。

 

このシーンではないですが、森羅万象氏が「ロン」と云うだけで、画面いっぱいに何とも云えない悔しさだのムカつきだのが滲み出ます。安定の万象さん芝居です。

 

神野さん&マスター、心配そうに勝負の行く末を見守ります。

ここだけ切り抜くとなんか物凄くBL本チックですが(笑)

 

思いやりや優しさからストレートに心配するマスターと、勝負の行く末やいろんな状況を噛み締めて勝負を見守る神野さんの対比が出てて、なかなか良いシーンです。

 

前述のとおり雀荘マスター三作目ということもあってとても居心地の良さそうな雀荘経営をしているマスター感は十分に出ていました。顧客、従業員への対応も、過剰なところなく、さりげなくフォローする感じの、まさにステキなマスターでした。「でもこの人、ちょっとつっついたらお茶目なところあるんだろうなぁ」って雰囲気もありで。

勝負の行く末が本当に心配で思わず神野さんから「もらい酒」して不安をまぎらわそうとしているところとかね。

 

只今絶賛リリース中です。

あらすじ、鑑賞などはこちらからどうぞ!

TSUTAYA ONLINE

【レビュー】魁!極道ヤンキー学園2

Posted 26 11月 2012 — by 管理者
Category レビュー


「それでは一曲」って場面でははないのですが。。。

やや久しぶりの「ぜんぶコワい役」です。組長。
いつものとおり潤一郎氏フィーチャリングしまくりのレビュー書きました。
【こちら】からごらんくださいー

※R-15作品です(^ω^)